山勝電子工業株式会社

ホーム > 

会社概要

商 号
山勝電子工業株式会社
創 立
1973年12月21日
本 社
〒213-0013
川崎市高津区末長1丁目37番23号
MAP

TEL (044)866-2411(代)/FAX (044)877-0755
六日町情報センター
〒949-7145
新潟県南魚沼市四十日2817-1
MAP

TEL (025)776-2131(代)/FAX (025)776-2332
長岡情報センター
〒940-1164
新潟県長岡市南陽1丁目1227番地2
MAP

TEL (0258)22-2141(代)/FAX (0258)22-2166
新潟開発センター
〒950-0911
新潟県新潟市中央区笹口2丁目10番地24
MAP

TEL (025)244-1185(代)/FAX (025)244-1186
大阪営業所
〒552-0014
大阪市港区八幡屋2-3-27
TEL (06) 4395-3030/FAX (06) 4395-3029
横浜工場
〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉5丁目22-4
TEL (045)548-5125/FAX (045)548-5126
仙台R&Dセンター
〒981-1251
宮城県名取市愛島台6丁目1-16
TEL (022)226-7581/FAX (022)226-7583
資本金
7,000万円
役 員
代表取締役社長 金究 武正
取締役事業本部長 金究 真平
従業員
合計 85名
営業品目
産業用高密度プリント配線基板回路設計・製作
応用電子機器設計・開発・製作
LED直管型照明開発・製作

会社沿革

1973年 12月
川崎市中原区刈宿にて金究武正が会社設立、プリント基板設計事業を創業
1975年 09月
六日町情報センターを開設し、プリント基板設計事業の拡大を図る。
1983年 12月
川崎市高津区末長に新社屋を完成し、本社を移転
1984年 04月
CADシステムを導入、業界に先駆け本格的に使用を開始
1986年 11月
長岡情報センターを開設
1989年 04月
新潟開発センターを開設、電子機器部を新設、電子機器・システムの開発設計業務を開始
1999年 11月
川崎市幸区に川崎開発室を開設、電子機器・システムの開発設計業務の受注を促進
2000年 09月
レーザーダイオードパルスエージングシステムの1号機を出荷
2000年 12月
大阪営業所を開設
2002年 11月
レーザーダイオードパルスエージングシステムが神奈川工業技術開発大賞奨励賞を受賞
2003年 03月
本社営業本部、新潟県3センターのCAD部がISO9001認証取得
2003年 05月
代表取締役金究武正がかわさき起業家大賞受賞
2004年 10月
中越地震。被災するも殆ど業務停滞なく復旧
2005年 10月
レーザーダイオードパルスエージングシステム、韓国エレクトロニクスショーKESに出展
2006年 06月
海外展開各種事業を開始
2006年 08月
特定労働者派遣事業資格取得
2008年 07月
川崎開発室を拡充
電子技術応用装置開発強化
2009年 03月
超高密度プリント配線基板 海外生産開始
2009年 09月
LED直管型照明事業に参入
2012年 02月
川崎市・阿部市長より「低CO2川崎パイロットブランド'11」に選定
2012年 05月
川崎市入札参加資格を取得
2012年 07月
かながわ産業Navi大賞2012 で大賞受賞
2012年 12月
横浜工場を開設
2015年 04月
仙台R&Dセンターを開設

経営ビジョン

個人の能力を最大限に発揮する仕事環境の実現とそれらを活かした新技術への挑戦と確立

山勝電子工業は「フロンティアへの挑戦」をモットーに、多彩なアプリケーションを生み出しつつ猛烈な勢いで進化するエレクトロニクス世界で、つねに新技術へ挑戦し、新しいフロンティアを開拓する会社でありたいと願っております。



<行動指針>


山勝電子工業はお客様の御要望をこのエレクトロニクス世界で実現するため、上記のような行動指針を掲げています。


3事業分野へのバランスある事業拡大を目指します



創業以来の事業の中核であったCAD設計、LDエージング装置等の最新の技術により近年事業を急速に伸ばした電子回路・機器設計、製造まで一貫した管理を望むお客様のご要望を実現したEMSサービスの3事業のバランスある拡大を目指します。

採用情報


別途お問い合わせください。



川崎本社総務部採用担当
電 話
(044)866 - 2412

Eメール
m-shimizu@yamakatsu.co.jp